一升瓶

日本酒が体に与えるいい影響

酒は百薬の長と言われるように、アルコールは酒量さえ守れば身体に良いとされています。
その中でも日本酒が身体に良いとされているのにはいろんな理由があるんですね。

米糠に含まれている成分が細胞の老化を防ぐ効果を持っており、血液の循環を良くし細胞を活性、促進させる成分を含んでいるんです。
更には、肌をしっとりとさせ潤いを保ち、乾燥しにくくなり美白効果も得られるんです。
最近ではこの日本酒に含まれている成分で化粧品も生産されていて美容の効果としても大したものです。

その他にも高血圧症の人に症状のある血栓を溶かし、動脈硬化も予防することが出来るんです。
日本酒にはいくつかの病気の予防効果があり、ガンや糖尿病、心臓疾患、肝臓病にも効果があります。

ストレスの軽減にも効果があり、日々イライラした毎日の中でふらっとお酒が飲みたくなる日というのはそういう部分にも影響があるんですね。
日本酒独特の味わい深さ、ゆったりと落ち着いて晩酌するだけでストレスがどこかに消えていきそうです。
だからといってお酒も適量でこそ良い効果が得られるものの、大量に飲むと逆に悪影響を及ぼし体内の健康を阻害してしまうので適量を嗜み、健康を兼ねた飲酒を心がけましょう。

このページの先頭へ