一升瓶

日本酒が日本人に好まれる理由

日本酒はやはり日本人に愛されており、年末年始の祝い事や記念には冷酒や熱燗で頂くことも多いのではないでしょうか。
これは古来から日本人に受け継がれた風習もあるでしょうが、先人からの教えが受け継がれているのです。

わたしたち日本人の主食は米です。
常日頃から米を食み、米を育て、その米を日本酒にして生活をしてきました。
日本人の根幹に根付いた米はそれだけわたしたちと密接な関係にあります。
そんな日本酒を日本人が愛さないわけがありません。

長い歴史の中で培った日本酒の製造技術が代を重ねる度に研ぎ澄まされ造り上げられた日本酒。
先人からの教えが脈々と受け継がれ、日本人らしさに溢れていると思いませんか?
一朝一夕では造るのことの出来ない日本酒の技術においても日本人らしさが出ているのではないでしょうか。
発酵技術、温度管理、商品化までの緻密なパッケージングは日本以外にもなかなかないでしょう。
日本酒の中に、過去から繋がった日本人の心が流れているのです。

日本酒は日本の文化の一部です。
それは古来から積み重ねてきた日本人としての伝統が積み重ねられてきました。
日本の文化を象徴するお酒、それが日本酒なのです。
その文化こそが日本人に愛される理由なのではないでしょうか。

このページの先頭へ