一升瓶

日本酒と一升瓶の関係

日本で一般的に使われている一升瓶ですが、何故日本酒が一升瓶とされているのかの仕組みについてご存知でしょうか?
まず、日本酒が一升瓶とされている仕組みについてはその密閉性の高さが一つとしてあげられます。
日本酒も発酵させて作られているものですから、ずっと外気に触れているとどんどん味が変わってしまいます。
当時の日本では密閉だけを考えればビンでの加工が一番だったんです。

古くから日本国内で様々な用途として利用されてきた一升瓶、その普及性の高さからも国内で広く使われており容器として規格化されているために大量流通している事と、同じ大きさ、同じ形である為日本酒の銘柄ラベルを張り替える事で様々な種類の商品を流通させる事が出来るのです。
ガラス製の透明瓶である事で、色の艶やかさや商品名で独特のブランドイメージを持たせる事もでき、差別化を図りながら日本中に浸透していったのです。

一升瓶はリターナブル瓶として繰り返し使用できる為、容器の製造にかかるコストの削減にも一躍買っているんですね。
その辺りも大きな一因としてあります。
日本古来からの容器規格としての一般的な浸透、大量生産とリターナブル瓶としてのコストの面からも日本酒には一升瓶で使われているんですね。

このページの先頭へ